ワイプ (ザ☆ヘッドマスターズ)

D-87 ヘッドマスター ワイプ (発売元:タカラ)

コウモリアマモリオリタタンデワイプ、敵も味方もオヤスミナサイ!?
ザ☆ヘッドマスターズより、催眠術兵ワイプの紹介です。

「へへへへ、取り付けたら外せない超強力爆破装置だ、ジタバタするな」

デストロン ヘッドマスター催眠術兵 ワイプ


催眠術を使い、敵を思い通りに操ることが出来る。 
死んだ超ロボットをゾンビ化できる。
空中戦が得意。
いつ、どこでもわめき散らしている。 
スカルと仲が良くいつも漫才的な会話をしている。


以上、玩具設定より
アニメでは第1話「空から来た四人の戦士」の冒頭からデストロンの新兵士として登場。
ウィアードウルフをアニキと慕うデストロンヘッドマスター
「コウモリアマモリオリタタンデワイプ」の催眠術による妨害を得意とし、眠らせて行動不能にさせる他、
第4話「カセット大作戦」ではスロットルボットを同士打ちさせたり、
第28話「奇跡の戦士ターゲットマスター(後編)」では、クロームドームの友人ジャックに対して、
マスターソードの秘密を聞き出したり、フォートレスへ向かわせるように催眠をかけています。
一方で、味方のスカルにかけて眠らせてしまった事もあります。
(しかも第1話第31話の2回)
しかし、第14話「火星爆破!!危うしマキシマス」では、それを逆手にとって、
間違えてスカルに催眠術をかけたと思わせ、偽の爆破拠点を教えるという使い方をした事もありました。


第10話「セイバートロン星危機一髪(後編)」では、
ベクターシグマへの爆弾設置を任され、セイバートロン星の地下へ潜入。
冒頭の台詞はベクターシグマの前でクロームドームと対峙した際の物。


海外版では設定が多少異なり、
神秘主義者であり、戦士として任務を遂行している時以外は生きている者と話すとよりも、
既に死亡したデストロン達の霊的存在とコンタクトしようとする試みに時間を費やしている。
しかし、その成果は微々たるものらしい。


海外名マインドワイプ(Mindwipe)の意味は「心を拭い去る(消し去る)」

「コウモリアマモリ、シャベルキモリモリ、コウモリアマモリ、ナンデモペラペラ」

ビーストモードはメカコウモリ
台詞は第28話で、ジャックからマスターソードの秘密を聞き出した際の物。
なお、コウモリに変形しますが、第10話ではセイバートロン星のコウモリに絡まれていました。

「コウモリアマモリ、アメフッタラサス、コウモリアマモリ、アメヤンダラタタム」

同じく空の戦力である、ブレインストームハイブロウと対戦する機会が多かったです。
台詞は第28話より。
この回は催眠術の呪文にバリエーションがありました。

横からみるとこんな感じ、尻尾の位置の関係で立たせつらいです。
まあ、飛ばせて遊ぶ物だと思えば・・・

コクピットはクリアパーツを使用。
内部にヘッドマスターを乗せる事ができます。

ヘッドマスター ボラス

ヘッドマスターとは?
400万年前、戦禍を逃れる為にセイバートロン星を離れた一般市民がマスター星に不時着。
彼等は厳しい修行の末にヘッドモードへのトランスフォーム能力を体得。
さらにボディとなるトランステクターを開発し、ヘッドマスターとなったのである。

という事で、ザ☆ヘッドマスターズでは小型ロボットが本体。

海外版では設定が異なり、
TFの頭部を改造したエクセルスーツを、ネビュロン人のパートナーが着た姿で、
頭部に合体後は、ボディと頭部の2つの意志を持つ事になる。
非合法の医療実験を行い科学大臣の地位を失ったボラスがパートナー。
催眠術で操られていましたが・・・

トランスフォーム!

ヘッドオン!ピコピコピコーン♪

ヘッドマスターが頭部に変形し、トランステクターと合体。
合体すると胸のメーターが表示される!

ワイプ、ロボットモード。

武器は敵をマヒさせ行動不能にさせるワイプステークガン第7話では「毒蛇ピストル」と呼称。
第12話「謎の休火山大噴火」ではガーディアンを行動不能にする等、戦果を上げています。

アニメではワイプスークガンと呼んでいるように聞こえるのですが・・・
意味的にも玩具の表記が誤記の可能性も。

「ようし、こうなったら奥の手を使ってやる。コウモリアマモリオリタタンデワイプ」

アニメでは翼を展開した状態で作画されていました。
(ただし、アニメでは翼が上下逆)

クロスヘッドオン色々。
主にサイバトロン側が行ったクロスヘッドオンですが、
第7話「四百万年・謎のベール」では、ウルフのボディにヘッドオンしています。

パッケージ。

最後は皆さんおまちかね!トリオフォーメーション!

スカル「どうだ!」
ワイプ「進めえ!」


第35話「最後の地球大決戦(後編)」
では、ウィアードウルフ発案のトリオフォーメーションを実行!
「ぶっつけ本番?」と驚いていたワイプですが、いざやるとノリノリでした。
どこから見てもブレーメンの音楽隊・・・これ、寝ないで考えたそうですよ。
この時はデスタワーが伸びるまでの時間稼ぎという面もあり、
一時的な威嚇の効果はあったので無駄ではなかったと思われます。

という事でワイプの紹介でした。
ちなみに他のデストロンヘッドマスターは頭が無いので記事の予定はありません・・・

ザ☆ヘッドマスターズへ戻る

16/08/13