ロングハウル (EZコレクション)

EZコレクション デバステーター06 ロングハウル (発売元:タカラトミー)
AD13 デバステーター (発売元:タカラトミー)

実写映画第2作リベンジに登場するロングハウルの紹介。
タイトルはEZコレクションにしてありますが、ほとんどムービーアドバンスド版の写真になります。

ディセプティコン/コンストラクティコン ロングハウル

ディセプティコンで最も破壊的で恐れられる部隊コンストラクティコンの一員だが、
周囲からは単なる荷物運びとしか見られていない。
そのことに常に不満を抱いているが、与えられた責任を放棄することは思いとどまっている。

以上、ボイジャー版の設定より。

メガトロン復活のシーンで、他のコンストラクティコンと共に登場。
メガトロン復活の為にパーツが足りないとわかった際には、
ドクターの命令とはいえ、小さいコンストラクティコンを容赦なくバラバラにしています。
エジプトでの戦闘では、腕部のミサイルでヨルダン軍のヘリを撃墜する等の活躍も見せています。
最後は空軍のミサイル攻撃で負傷、爆撃によって破壊されました。


映画では複数登場しており、
デバステーターの右脚になった個体と、サムを追い掛けた個体が存在。
また、次回作のダークサイド・ムーンにも同型が登場しています。

名前はG1キャラクターが元で、「長距離運搬」の意味

ビークルモードはダンプトラック(キャタピラー・773B)

リベンジで、スキッズマッドフラップと並ぶシーンがありますが、
本当に巨大なダンプです。

バケットの可動はしません。

横から、転がし走行が可能。

ロングハウル、トランスフォーム!

ロングハウル、ロボットモード。

ロングハウルのデザインは、第1作時のファンアートが元。

映画では両腕からミサイルを発射。

頭部アップ。

アクション!!

まあ、ろくに動かないのですが、それでもキックぐらいはできます。

EZコレクション版&パッケージ。
AD版に比べて明るい緑になっています。

変形・合体可能な、唯一の実写映画版デバステーター玩具という事もあり、
発売時には瞬殺で売り切れ、再販までかかった人気アイテム。

合体には、7体そろえる必要があるのですが、1個足りなかったりすると悲惨な事に・・・

ビークルモードで並べてみました!

左から、EZコレクションオリジンカラー版ムービーアドバンスド版
他のキャラと違い、ロングハウルの場合は全部緑だったりします。

今度はロボットモード!

左から、EZコレクションオリジンカラー版ムービーアドバンスド版

ロストエイジ時期に発売されたムービーアドバンスド版
こちらは7体セットになっています。

こちらはボイジャークラスの、RD-17 ロングハウル

両腕からブレードを展開可能ですが、映画では未使用。

最後にG1ロングハウルEZコレクション版で記念撮影。
ダンプに生まれた事を嘆いていたG1ロングハウルですが、実写映画でもダンプで登場。
まあ、パシリには使われていな・・・あっ、メガトロンを生き返らす際に海底まで生かされていたか・・・

媒体が違っても、結局パシリ!ロングハウルの紹介でした。

G1ロングハウルはこちら→

同型ペイロードはこちら→

トランスフォーマー リベンジTOPへ戻る

17/08/11