シルバーボルト (マイクロン伝説)

MC-08 サイバトロン射撃手 シルバーボルト (発売元:タカラ)

形勢不利な戦いが続くサイバトロンに新たなる援軍登場。
トランスフォーマーマイクロン伝説より、シルバーボルトの紹介です。

「スキある者・・・勝利の女神は・・・微笑まない。」

サイバトロン/射撃手 シルバーボルト

シルバーボルトは戦闘においても超A級のアクションを見せる。
超高速で、しかも正確な攻撃能力と特殊なフライトモードを備えている彼に、並び立つサイバトロンは少ない。
明らかに不利な戦いでも冷静に挑む彼は誇り、高き戦士といえよう。


第20話「援軍」デバスターが呼び寄せたサイバトロン戦士で、デバスターの弟子。
クールで凄腕のスナイパーだが愛想が悪く、当初はマイクロンを道具として見なしていたために反感を買ってしまったが、
ホットロッドの行動や、ターボとの触れ合いで自身の考えを改め、次第にチームワークを身に着けるようになった。
かつて、ステッパーを助けた事があるが、シルバーボルトは忘れていた。
「やれやれ・・・」が口癖。


G1ビーストウォーズメタルスに登場するキャラと同名。
海外名はブラーで、高いスピードや青いボディに繋がりを感じさせます。
なお、玩具は後にギャラクシーフォースブラーとしてリデコされています。

プロトタイプカーっぽいスポーツカーに変形。

ウィンドウや、ヘッドライトはクリアパーツで再現。

いかにも速そうなデザインがカッコイイ。
開発スタッフは、ボリュームがあり丸い自動車に変形するホットロッドに対し、
「シャープでスマートな自動車に変形する」というテーマで造ったそうです。

プロトタイプカーって、どんな車?という事で、トミカ ポルシェ956の写真も。

プロトタイプカーとは、本来は一般市販車の試作品の意味なのですが、
現在では、一般市販される事を前提としないレースカーとして使われています。
プロトタイプカーをモデルにしているTFは他にも色々いるんですよ。

「このマイクロンは・・・」

パートーナーマイクロンターボ
第20話で、彼がアイアンハイドから奪ったマイクロンパネルから覚醒。

ビークルモードは、F1ドラッグカーを足したようなレーシングカーに変形。

「ターボ、エヴォリューションだ!」

ターボとエヴォリューションする事で、フライトモードへ変形!
これは、ターボでのみ発動可能なエヴォリューションギミック。

シルバーボルト、トランスフォーム!

シルバーボルト、ロボットモード。

銀色のビークルモードから一転、を基調とするロボットモードに変形。
スピード感あるスタイリッシュなデザインがカッコイイ。

背中のガワは、アニメーターさんも「座らせる」のに困らせたそうです。
右肩のモールドは、もしかしてショルダーマインだろうか・・・

ヘルメットを被ったような独特の頭部。
クリアパーツのゴーグルの中に目が塗装されています。

可動は肘と首ぐらい・・・もうちょっと動くと良かったのですが。
2丁の武器を装備。
手ではなく、腕の丸い部分に装着します。

2丁の武器はエヴォリューションさせて、前に押すとスプリングによってミサイル発射。

「俺は誤解していた・・・マイクロン達のことを、ただの戦いの道具だと思っていた。
命がけで救おうとしているお前を見て、マイクロンも仲間だったと。」


同門であり、良き相棒となったホットロッドと。
後半は、ランページにポジションを取られたような感じでしたが・・・
丸みを帯びて太めなホットロッドと、細身でシャープなシルバーボルト
車から変形する者同士でありますが、ちゃんと差つけられているのが面白い。

「今日のターボの協力も、仲間としての物だ。」

劇中のようにターボを肩に乗せてみました。
劇中では左肩に乗ったのですが、ターボの右腕が邪魔で顔が隠れてしまったので右肩に乗せています。
今見てもなかなかカッコよいデザインのシルバーボルト
変形!ヘンケイ!ホットロッドがリメイクされてますし、彼のリメイクも見てみたいですね。
よく動くシルバーボルト、ちょっと欲しいです。
ということで、マイクロン伝説シルバーボルトの紹介でした。

ホットロッドはこちら→

ユニクロン3部作TOPへ

10/10/23