クロスヘアーズ (ザ☆ヘッドマスターズ)

C-107 ターゲットマスター クロスヘアーズ (発売元:タカラ)

ザ☆ヘッドマスターズより、地味?影が薄い?
奇跡の戦士ターゲットマスタークロスヘアーズの紹介。

「マスター星を探した方がいいと総司令官に提言しよう」

サイバトロン ターゲットマスター/迫撃員 クロスヘアーズ


細心で注意深いターゲットマスター。
最高速度160km/h、行動範囲1,200km。 
0.003秒以内に敵を攻撃できる。 
ポインテックがグレネードランチャーにトランスフォーム!


第27話「奇跡の戦士ターゲットマスター(前編)」より登場したサイバトロンの歴戦の勇士の1人。
マスター星の脱出者とブランカ―達3人が、プラズマ爆弾に巻き込まれ、
マスター星の脱出者が銃として、ブランカ―達と融合、奇跡の戦士ターゲットマスターが誕生。

第29話「危うしマスターソード!!」で、ウィーリーを人質にマスターソードの秘密を要求された際には、
感情的になるクロームドームに対して、「お前達でメガザラックに対抗できるというのか?」と、
フォートレスマキシマス抜きで戦う事が難しい事を付きつけています。
この回は、子供視点だと、ウィーリーを助けようとするヘッドマスターズの方に共感できますが、
大人になって冷静に見るとターゲットマスターの言っている事がわかってくると思います。

細心で注意深い性格で、第30話「ザラックシールド攻防戦」では、
ターゲットマスター達の経験から、メガザラックがまだマスター星に居ると判断し、作戦の提言をしています。
フォートレスメガザラックはマスター星に居ないと考えており、この提言は重要な価値を持ちました。
台詞は第30話より。


海外版では少し設定が異なり、
セイバートロン星の造兵局の局長で、
周到で用心深く、時に慎重すぎるとさえ言われ、
絶対に外さないという確信が持てるまで発砲しない。


名前は「(照準器の)十字線」の意味。

ビークルモードはバギー(2010のDVDでは未来型トラックと記載)。

フロントにウィンチ機構のモールドもあり、オフロードに強そうなデザインです。

ターゲットマスターになる前の第27話では、ビークルモードで射撃を行っていました。

横から。巨大なタイヤが目につきます。

第28話ではウィリー走行で、ホラートロンに突撃、戦闘のプロの実力を見せてくれました。

パートナー、ポインテック

デストロンに襲われ、マスター星を脱出した一人。
電子音のような声しか発する事ができず、カセットボットの通訳が必要でしたが、
ターゲットマスターとなった事で、パートナーと意思の疎通が可能となりました。
第30話「ザラックシールド攻防戦」では、小柄な体を利用し、デストロンの工場に侵入したこともあります。


「ピンポインター、射撃の腕はこのオレがピカイチですね。」

海外版では、設定が異なり、
TFの武器を改造したエクセルスーツを、ネビュロン人のパートナーが着た姿。
ネビュロン人の生物化学技術者ピンポインター(Pinpointer)で、
射撃を始める時期に関してはクロスヘアーズの判断を信頼している。


海外名ピンポインター(Pinpointer)の意味は「正確に目標を指す人」

2連装のグレネードランチャーの変形。

クロスヘアーズと並べてみました。

車体上部に接続可能。

クロスヘアーズ、トランスフォーム!

クロスヘアーズ、ロボットモード。

パートナー以外の武器は無し、では、ターゲットマスターになる前はどうしていたかと言うと、
ウィーリーの回想シーンでは、素手でデストロンを倒し、
第30話でもパートナー不在時には、デストロンターゲットマスターを蹴り飛ばしています。
流石、歴戦の勇士、素手でも強いのです!

頭部アップ。
アニメではザ☆ヘッドマスターズでは、ゴーグル+口タイプでした。
ザ・リバースでは、ゴーグル+マスク顔でした。

「ターゲットオン!」

玩具では手に持つだけですが、アニメでは手首に合体する形でした。

集結!ターゲットマスター

同じく歴戦の勇士である、サーショットブランカ―と記念撮影。
アニメではパートナーを肩に乗せている事が多かったです。

ブランカ―はともかく、残り2人は影が薄い印象。
注意深い性格って、戦士としては良いのですが、
映像にすると、地味になりがちなんですよね。

海外版のザ・リバースのOPでは、カッコいい姿を披露!

ですが、彼に関しては、ザ・リバース本編ではあまり活躍しておらず、
ザ・リバースPart1で、デストロンに襲われた際には、銃を構えながらも一発も撃つ事も無く連れ去られてしまい。
パワーアップしたデストロンが攻めてきたときには、射撃で応戦するも、あっさり押し切られています。

慎重になりすぎて、戦闘能力を発揮できていないと考えれば、設定に忠実な描写になるのですが、
もうちょっと活躍の機会が欲しかったところですね。
まあ、リバースは3話しかないので、他のキャラも似たり寄ったりなのですが。
という事でクロスヘアーズの紹介でした。

実写映画ロストエイジ版はこちら→

ザ☆ヘッドマスターズへ戻る

17/07/30