クロスヘアーズ (ロストエイジ)

AD06 クロスヘアーズ (タカラトミー)

実写映画ロストエイジ、ムービーアドバンスドシリーズより、
口は悪いが実はいい奴、クロスヘアーズの紹介。

「ガン付けてくるぜ!」

オートボット クロスヘアーズ


オートボットの空挺兵。
降下による奇襲と、稲妻のようなサイドアームブラスターを用いた早撃ちで、敵の不意を襲う方法を心得ている。


ロストエイジから登場したオートボット。
オプティマス・プライムの招集に応じて合流。
皮肉屋でひねくれた性格で、バンブルビードリフトのケンカを煽るなど、口も悪い。
人間達(「墓場の風」等)とのいざこざもあり、当初はケイド達を快く思っておらず、
オプティマステッサの救出に宇宙船に乗り込んだ際には、真っ先に帰ろうとしました。
しかし、ケイド達のピンチには戦闘機を奪って駆けつけ、2丁銃による華麗な空中戦も披露。
最終決戦では、ダイノボットのスコーンに騎乗して参戦。
トゲトゲと名付けて、また乗りたいと発言するほど気に入っていました。

名前のCrosshairsは、G1ターゲットマスターが由来で、
「(照準を付ける際のスコープ等の)十字線」の意味。

シボレー・コルベット・スティングレイC7に変形。

ヘッドランプはクリアパーツで再現。

横から。
銀色に塗装された大きなホイールが目をひきます。

JadaToys製1/32ミニカー、TRANSFORMERS CROSSHAIRS(海外版)
最後の騎士王版ロストエイジ版と模様が異なっています。

なお、JadaToysのミニカーは1/24、1/32スケールが、
「トランスフォーマーダイキャストビークル最後の騎士王ver」として、
タカラトミーから2017年11月発売予定。

上から比較。
大きさは同じぐらい。

クロスヘアーズ、トランスフォーム!

「宇宙の自由を守るリーダーが戻って来たか、生きていると思った。信じていたぜ」

クロスヘアーズ
、ロボットモード。

台詞はオプティマス・プライムと合流した際の物。

「さあて、どうやら居ないな帰るぞ!」

胴体から伸びたコートの部分には一部軟質素材を使用。

「パンチ撃つ引く!パンチ撃つ引く!」

額にゴーグルをかけた頭部。

 

付属武器サイドアームブラスターは残念ながら1丁のみ付属。
コートの中にはスティック型の爆弾を格納可能。

アクション!

パラシュートでの降下ポーズ。
残念ならがパラシュートは付属しないので、自作する必要があります。

G1クロスヘアーズと記念撮影。
ポインテックがパートナーなターゲットマスターで、
かなりごつい体型をしています。

パッケージ。

クロスヘアーズ「トゲトゲが気に入ったので、似たのを探してきた」
ハウンド「返してこい!」

ダイノボットについて、「あんな奴等と、ここに居るのは御免だぜ、絶対にお断り」と言っていた彼ですが、
戦闘終了後には、スコーンにトゲトゲと名付けるほど気にいっていました。
人間に対しても、ダイノボットに対してもツンデレでした。
という事でクロスヘアーズの紹介でした。

「またお前に乗りたいな、トゲトゲ!」→

G1クロスヘアーズはこちら→

ロストエイジTOPへ戻る

17/07/29