スコーン (ロストエイジ)

AD05 ダイノボットスコーン (タカラトミー)

実写映画ロストエイジから、ムービーアドバンスドシリーズより、
スピノサウルスに変形するダイノボット、スコーンの紹介。

ダイノボット スコーン

強力なアゴと戦車のような性格が特徴のダイノボット。
戦槌が鳴らす雷のような地響きを立てて突進する。

ダイナボット(ダイノボット)ロックダウンによって監獄船に幽閉されていた伝説の騎士達であり、
オプティマスとの一騎打ちで力をみとめたグリムロックと共にオートボットに協力。
スコーンクロスヘアーズを乗せて香港へ急行、ディセプティコンを蹴散らす。
背中から転がりトゲで敵を刺しながら、敵の一体を口で咥えて、グリムロックにパスするという、
ダイナミックな動きの中で繊細な事をやっていたりします。


G1ダイノボット
にモデルとなったキャラが居ない新キャラクター。
名前(Scorn)は、「軽蔑」「冷笑」という意味。
グリムロックを除くダイノボットの命名規則と同じSから始まる名前となっています。

映画では玩具と異なり鉄色。

恐竜モードはスピノサウルス

巨大な帆が目立つ恐竜で、ティラノサウルスに匹敵する大きさの肉食恐竜。
化石はアフリカ大陸北部で見つかっており、ティラノサウルス(こちらは北アメリカ)とは生息地域が異なります。
玩具ではグリムロックより小さい物ばかりでしたが、映画では元の恐竜と同じく、グリムロックと並ぶ巨体でした。

巨大な帆は軟質素材。
映画では、スピノサウルスと異なり、3列のトゲの列が並んでいました。
劇中再現として物足りない物がありますが、恐竜好きとしてはこちらのデザインのが好きだったりします。

横から。

口は開閉可能。

ティラノサウルスに比べ細長い頭部を再現。
スピノサウルスは魚を主食にしていた可能性が高いそうです。

2010に出演できていたら、スラージ達と仲良く魚を捕まえられたのになあ。

首は左右に可動。

こちらはアニア 肉食恐竜ライバル激突セットティラノサウルス(左)とスピノサウルス(右)。

生息地域が違うとは言え、ティラノサウルスと戦ったらどっちが強いかというのは、恐竜ファンなら興味がある話。
ジュラシックパーク3ではスピノサウルスが勝ち、ドラえもん のび太の恐竜2006ではティラノサウルスが勝っています。

古い世代の人なので、旧復元図っぽい姿勢も取らせてみる。

劇中ではクロスヘアーズを乗せて活躍。
丁度いい大きさのクロスヘアーズが無いので、QTFで代用。
ダイノライド版も出ないかなあ。

クロスヘアーズはトゲトゲと呼んで気に入っていた模様。
しかし、乗せにくい・・・

香港で見せたローリングアタックを再現!!
帆は軟質素材なので、マネすると帆が曲がるかも・・・

スコーン、トランスフォーム!!

変形パターンはビーストメガトロンに近いです。

スコーン、ロボットモード。

西洋甲冑のようなデザイン。

グレートヘルム(バケツヘルム)のような頭部。

左腕に武器、スクラップメーカーソードを格納。

アクション!!

左腕は鞭なのですが、本体が騎士甲冑的なデザインだけに、ランスにも見えます。

可動範囲は広く、片膝立ちもできます。

最後にコイケヤ スコーンと記念撮影。
スコーンというと、こっちお菓子とか、イギリスのティータイムに出てくるお菓子とか想像しません?
え?思い出さない?おかしいなあ。
私はスコーンの名前を聞いた時には、美味しそうな名前と思ったのですが・・・

というわけでスコーンの紹介でした。
なお、このスコーンは撮影後、スタッフが美味しく食べました。
・・・って、スタッフって誰だよ!

ダイノライド グリムロックはこちら→

ロストエイジ版スラッグはこちら→

ダイノライド ストレイフはこちら→

クロスヘアーズはこちら→

ロストエイジTOPへ戻る

17/06/11