ダブルフェイス (マイクロン伝説)

MX-01 秘密偵察員 ダブルフェイス (発売元:タカラ)

敵か?味方か?二つの顔をもつトランスフォーマー!ダブルフェイスの紹介です。

「疾風は勁草を知る!」

秘密偵察員 ダブルフェイス


彼がスポーツバイクに擬装すると、時速400キロを超える。
地球で彼は、マイクロンの影響により良い面と悪い面二つの性格を持つ。
いったい何を企んでいるのか?彼の行動は予測不能だ。
この二重人格のどちらが勝つのか、予言するのは非常に困難である。

第15話「疾風(はやて)」では、突如現れサイバトロンの味方として登場するも、次の回である、
第16話「慢心(おごり)」では、サイバトロンホットロッドを罠にはめ、デストロンへと早々に寝返る。
その後も、第23話「謀反(かくご)」では、メガトロンスタースクリームをけしかけ、両者を対決させようと目論んだり、
天に向かって何やら独り言(いえ、主人への報告ですが)をしていたり、
第24話「幻影(かげ)」ではインターネットを通じてサイバトロン基地へ侵入するという、明らかに他のTFと違う能力を見せり・・・

登場時から、謎の行動を繰り返すその正体とは・・・

海外名はサイドウェイズ(Sideways)


難しい漢字ですけど「勁草」「けいそう」と読むそうです。
TFで覚えた漢字の一つ・・・

「オレが、連れて行ってやろうか?1人だけだがな」

パートナーマイクロン
ミラーを搭乗可能。

ジム「バ、バイクが・・・」
ビリー「しゃべったあぁ!!」

このやりとり好きだったり。

紫色のスポーツバイクに変形。
フロント部分が顔に見えるのは私だけ?

第16話「慢心(おごり)」では、ホットロッドを乗せた事もあります。

シャドウブライトで2人乗りも可能。

ダブルフェイス、トランスフォーム

「疾風に勁草を知る。俺の名はダブルフェイス、ただの流れ者よ」

ダブルフェイス、ロボットモード

可動は、肩と手首、股、足首とマイクロン伝説の玩具としては多めですが、
構造上、あまりポーズの幅は広くはありません。

円柱形の頭部。
これがダブルフェイスの真の顔。

玩具設定を見る限りだと、2体のマイクロンに性格を歪められているようです・・・

「よせ、ホットロッド・・・後悔するぞ・・・」

ブライトがヘッド合体し、サイバトロンマークの現れるブライトフェイス(左)、
さらに、シャドウがヘッド合体!デストロンマークの現れるシャドウフェイス(右)に!

「言ったろう、後悔するって!」


劇中ではデストロンでいた時期が長かったため、ほとんどシャドウフェイスモードでした。

「トランスフォーマー マイクロン伝説 YEAR BOOK 2003」によると、
1987年頃に展開されたヘッドマスターことは念頭はあり、マークの変換もそれを参考にしたとのこと。

両腕のマイクロンジョイントにエヴォリューションさせ、スライドすることでミサイル発射!

パートナーマイクロン?

ブライト(左)とシャドウ(右)
黒い方がブライトで、白い方がシャドウというなんとも混乱する名前。
実は当初は逆の名前が付けられる予定だったそうです。

上下合体してミラーにスーパーリンク!違うって?
マイクロンをバイクに乗せるためには2体合体せざる得なかったとの事。
バイクに搭乗させるため、かなり広い可動範囲をもちます。

腰下のピンはバイクに固定するための物。

実は彼こそが、ユニクロン自身なのである。
あれ?前半で、ユニクロンに状況報告するシーンがあったような・・・

単体時の手を前に出せば、オレ変形のアシュラモードに!
良く見ると、中と下の手が逆なんですけどね・・・

付属コレクションカード。

パッケージ。

ロボットマスターズダブルフェイスをライドオン!!
いや、みんな考えるでしょ?
ロボットマスターズ版ダブルフェイス等の小型TFなら乗せる事も可能です。
(ちょっとムリがあるけど。)
という事で、マイクロン伝説ダブルフェイスの紹介でした。

海外では同一人物?GFノイズメイズ→

小説では同じ名前の映画版サイドウェイズ→

ユニクロン3部作TOPへ

09/07/15