スカイリンクス (2010)

アンコール復刻 07 サイバトロン/輸送員 スカイリンクス (発売元:タカラトミー)

まさかの合併効果!アンコール復刻版スカイリンクスの紹介です。

「スカイリンクス航空、ただいま到着!」

サイバトロン/輸送員 スカイリンクス


翼を持つ雷竜を思わせるロボットが上下に分離し、上部は始祖鳥に似たダイノバードからスペースシャトルに、
また下部はピューマからトランスポーター兼ブースターに変形し、ロボット、ビークル共に自在に分離、合体して行動する事が可能。
勇猛な戦士だが、自己中心的で自慢屋という一面も。
恐れ知らずで大胆不敵であり、対弾装甲が施された外装、敵の爆撃や激しい熱変化にも耐えることが可能である。
口内に内蔵したアセチレンブラスターは3000度の炎を噴射する。
また太陽エネルギーで動く補助エンジンを装備し、スペースシャトル形態では惑星間飛行能力を持ち、仲間達の移動任務に活躍する。
最高速度は時速約マッハ40、航続距離は6千4百万kmにも及ぶ。


以上、DVD-BOXのブックレットより。
人型のロボットモードを持たない巨大戦士で、仲間の輸送に活躍。
第5話「クインテッサ星人の陰謀」にて初登場し、衛星イオに不時着したブラー達の救助に急行。
アニマトロンを退け、ブラー達とメトロフレックスのコグを地球へ届けました。
巨大戦士ですが知能は高く、第6話「メトロフレックスVSダイナザウラー」で、
ダイノボットと一緒にされた際には怒っていました。
台詞は第26話「原始の呼び声」で、サイバトロンの救援に駆け付けた際の物。
その直後、どこからか聞こえる声に導かれた際には、他の野獣戦士達の道案内役兼リーダーとして行動。

個人的にはよく墜落する・・・気がする。
落ちたのは第5話第25話ぐらいだったかなあ。


リンクス(Lynx)とは大山猫の学名で、名前は、「空の大山猫」

「さぁ着きましたですよ。スカイリンクス宇宙特急号を毎度ご利用いただきありがとうございます。
お帰りの際にも是非スカイリンクス航空をご利用くださいませ。なーんちゃってねえ。」


ビークルモードは、カーゴ付スペースシャトル。
台詞は第11話「デスクリスタル」より。
同話では、ブレストオフとのスペースシャトル対決もあります。

「サイバトロン諸君にメリッサ大尉、スクランブルシティ行きの最終便、間もなく離陸しますよ」

台詞は第5話より、輸送する際には、だいたいこんな感じで台詞が入ります。

玩具は電動走行が可能。

電池ボックスは山猫部分。
単3電池2本使用。

コクピットは金メッキ。
機首にある穴のモールドは、姿勢制御システム(RCS)。
ブレストオフのアニメ版デザインにもありますが、玩具に姿勢制御システムのモールドがある物は珍しいです。

ペイロードドアは開閉可能で、中に荷物(?)のモールドがあります。
スペースシャトルの玩具としても十分に楽しめます。
余談ですが、スペースシャトルは2011年に退役・・・

スカイリンクス、トランスフォーム

上部のスペースシャトルが変形したダイノバード(始祖鳥)

第5話ではダイムボムを撃退、第11話では底なし沼に捕まったブラーを救助しています。

横から。

後ろから。

口部にはアセチレンブラスターが内蔵。

スカイリンクス、トランスフォーム!

「片付けるだと、お前たちに何ができるってんだ、よ〜し、まとめてかかってこい!」

下部のカーゴはピューマ(山猫)に変形。
分離状態でも、それぞれが自我を持ち、独自に行動する事が可能で、
第5話第11話では、分離した形態でアニマトロンと対決、撃退しています。
台詞は第11話より。

この状態でも電動で歩行が可能。

横から。

「さあ、どいたどいた!」

第5話では、地球へ到着するもビルドロン達の射撃により上部が負傷、
しかし、負傷を免れた山猫の方は、ブラー達と共にフットボールの要領でメトロフレックスのコグを届ける。

スカイリンクス

カセットロンのようなキャラも存在はしましたが、人型のロボットモードが存在しないのは珍しい。
ところで、この状態は恐竜なのだろうか・・・

「いいかみんな油断するなよ。それからもうひとつ、何かしようと思ったらその前にスカイリンクスならどうするだろう?
まず、そう考えることだ、そうすれば大きなミスはないからね!」


台詞は第26話より、野獣戦士達を指揮するスカイリンクス
バカな子達の保護者という感じでしょうか。

「あったまきたぞ、オレをオムツの弱いやつらと一緒にするとは!
こんな調査は断固として拒否する!実にもってけしからん!」


第6話ではダイノボットと一緒にフォートノックスとタジマハールの盗難事件の容疑者として調査を受けることに。
「どうしてオレまで!オレは空飛ぶ山猫、恐竜じゃないぞ!」という抗議に対して、
シックスガン「おたくも見かけはダイノボットだろ」と返され、上の台詞のように怒っていました。

「我輩は空飛ぶ山猫!スカイリンクス航空、ただいま到着!!」

アンコール版パッケージ。
アニメ放送当時、海外ではトイボックスから販売されていたアイテムで、
国内販売の計画もあったものの、結局未発売のままに終わりました。
それゆえに国内のファンには幻のアイテムとなっていました。
タカラトミーの合併後、スカイリンクス並びにオメガスプリームの金型が旧トミーに存在していたことが判明。
2008年にアンコール復刻として国内発売される事になったのです。

付属カード。

「空飛ぶ山猫スカイリンクス対アニマトロン合体戦士プレダキングの一騎打ち!」(ナレーション)

ライバル、アニマトロン巨重合体兵プレダキングと並べてみました。
初登場時からアニマトロンと対決しており、その後も度々戦ったライバル的ポジション。
しかし、日本ではアニマトロンのライバルはダイノボットが担うことに・・・
色々な意味でダイノボットと関係があるキャラだなあ。
ちなみに初回の戦闘は、実力を発揮させる前にスカイリンクスが勝利しています。

最後に参考にならない比較。
ゾイド、グレートサーベル(復刻版)と並べてみました。
スカイリンクスにはゾイドの技術が使われているのかなあ。
という事でスカイリンクスの紹介でした。

トランスフォーマー2010へ戻る

16/02/06