ヘッドストロング (2010)

D-78 アニマトロン/巨重合体兵 プレダキング 20周年復刻版(発売元:タカラ)

猛獣軍団アニマトロンから、サイに変形する頑固者のヘッドストロングの紹介。

「サイバトロン、お前達助けろ、俺達アニマトロンはレーザークローだけ助ける」

デストロン アニマトロン/地上攻撃兵 ヘッドストロング


サイ型ロボットに変形するアニマトロン
自分しか信じられるものがなく、誰の言うことにも耳を傾けない。
一人よがりで横暴で自己不信を隠すために頑固な態度をとるが、
肉体的な攻撃より精神的攻撃に弱い。
角は厚さ94cmの鋼鉄を突き破り、先端より腐食剤を発射する事もできる。


アニマトロン第5話「クインテッサ星人の陰謀」から登場。
メトロフレックスのコグを奪う為に、クインテッサ星人が送り込んだ軍団。
それぞれが地球の猛獣型ロボットに変形、さらに合体して巨重合体兵プレダキングになる。
ヘッドストロングは、アニメでは右脚、玩具では左脚に合体。


第24話「悪夢の惑星」では、ロディマスコンボイ達とダニエルの悪夢に入り込んでしまい、
大蛇に襲われたり、巨大なガルバトロンに捕まったりと散々な目にあっています。
今回の台詞は、スプラングレーザークローの救出を提案したロディマスコンボイに言った物。
第26話「原始の呼び声」では、宇宙からの呼び声応じ、他の野獣戦士と共に宇宙へ。
ダイナザウラー内のケンカの発端を作る、どうせなら戦って死ぬとトルネドロンに挑むなど、彼の個性が出ている回でもあります。

ザ☆ヘッドマスターズにも引き続き登場。
第2話「マスター星の謎」では、カセットボットアムホーンと、サイ対決しています。


名前は「頑固」の意味で、彼の性格そのもの。
ただ、アニメだと頑固者というより、血の気の多い面の方が強い気がします。

「オレもう逃げるの止めた!ヘッドストロング、どうせなら戦って死ぬ!」

ビーストモードはサイ
戦闘時はこちらで行動する事が多いです。

第26話では、トルネドロンから退却中に急ブレーキをかけて、戦って死ぬと発言。
その言葉を受けて、アニマトロンプレダキングに合体して反撃を開始。

「うっせーな、今行くぜ。ギャーギャー言うな!」

第26話の冒頭では、一人遅れておきながら、レーザークローに対して悪態をついています。

頭部、首は上下に可動。

第24話では、あきらかに異常な大きさのガルバトロンが現れた際に、
偽物と見抜けないどころか、助けに来てくれたと喜んでいました。
頭の方はあまり良くないっぽいです。

横から。

トイのフル装備状態。
合体用パーツを武器として装備する事ができます。

ヘッドストロング、トランスフォーム!

ヘッドストロング、ロボットモード。

今回はアニメ版の変形にしています。
違いはサイの頭の方向。

デストロンマークは説明書を無視して、胸の中央に張るべきだったと後悔していたり・・・

頭部。

武器のスーパーブレード、爆裂弾を発射するプラズマガン。

プラズマガンは2丁付属しているので、2丁持ちも可能。

パッケージイラスト、カタログ写真版。

サイの頭部が上を向いています。

復刻版付属のカード。

同時期の合体兵士色々。

アニマトロンは単体で2200円という高額アイテムで、
同時期の合体兵士の手足ロボと比べると、かなりのボリューム!

ヘッドストロング「別に驚くこともねえ、もともと何もわかんねぇんだろ」

日本ではスカイリンクスが発売されなかった為、ダイノボットアニマトロンのライバルとして設定されました。
という事で、個人的にライバルっぽいキャラを引っ張ってきました。
第26話「原始の呼び声」
では、グリムロックを馬鹿にし野獣戦士達のケンカの発端を作ったヘッドストロングに対して、
なんとなく似た感じのデザイン、ケンカ好きな性格のダイノボットスラッグです。
頭部の角を使った突撃対決とか、なかなか面白い対決になりそうな感じがします。

なお、スマートフォンアプリ、トランスフォーマー アースウォーズのイベント「突撃の時」では、
スラッグヘッドストロングが景品となった事があります。
公式でもライバルっぽいイメージがあるみたいですね。
という事でヘッドストロングの紹介でした。

カセットボット戦士アムホーンはこちら→

ダイノボット火炎戦士スラッグはこちら→

トランスフォーマー2010へ戻る

2017/05/07