イジェクト (2010)

アンコール復刻15 カセット大作戦 vol.1(発売元:タカラトミー)

カセットボットより、出番は少ない?実はスポーツ好きな監視員イジェクトの紹介です。

サイバトロン カセットボット/監視員 イジェクト

青いマイクロカセットテープに変形し、ブロードキャストの胸部に収納される。
奇襲は「ファストブレイク」、勝利を「タッチダウン」と言い換える程の、熱狂的な地球のスポーツのファンである。
スポーツ中継の実況アナウンサーにもなれる程だが、エキサイトしすぎると内蔵テープが切れてしまうこともある。
カセットモードでは周囲のラジオやテレビ放送を受信、録音したり、暗号通信を解読したり、電話を盗聴することが可能。
また、ロボットモードでは強力な電撃を標的の神経回路に浴びせ、一時的に無力化するオーバーロードガン(過負荷銃)を装備する。


以上、2010DVD-BOXのブックレットより。
イジェクトカセットボットは、ザ・ムービーで初登場、通信を妨害したカセットロンと対決。
2010第12話「不思議の国のダニエル」では、他のカセットボットと共にダニエルを捜索。


ザ☆ヘッドマスターズにも引き続き登場
第2話「マスター星の謎」では、アニマトロンと対決、リワインドと共にタントラムを迎え撃っています。
第4話「カセット大作戦」では、復活したツインキャストと共に、
マッドマシンをコントロールするソニックコントロール撃破の為ジャールに潜入、
アムホーンの背中に乗ってカセットロンと対決しています。


名前は「(テープなどを)取り出す」の他に「退場させる」という意味もあります。
「退場」・・・スポーツ好きな設定はそこからかな。
スポーツ好きでスポーツ用語を会話に使うらしいのですが、劇中では台詞がありませんでした。

青いカセットテープに変形。

今どき、「METAL」テープと言ってもわからない人の方が多い気がする。
昔はメタルポジションテープというテープがあったんですよ。

アンコール版には、当時付属しなかったカセットケースが付属。

イジェクト、ロボットモード。

アンコール復刻版では腹のあたりにサイバトロンマークが追加されています。
復刻版は胸の辺りに金色が飛び散っています。
個体差と思いたいですが、リワインドも・・・

両腕の武器は電気過負荷銃。
玩具では腕にマウントする形ですが、アニメでは普通の手持ち銃でした。

イジェクト、頭部。

玩具はゴーグルタイプの頭部ですが、アニメでは2つ目の頭部でした。

アクション!!

一応、膝は曲がりますが、曲げると立ちません。
まあ、立ちにくいのはカセットボット系全体の問題なのですが。

アムホーンに乗せてHM第4話のシーン再現!
数少ない見せ場であります。

アムホーンの武器を外せば、なんとか乗せる事ができます。
ちなみにこの写真のみ、G1当時品。
胸のサイバトロンマークがありません。

アンコール復刻版のカード。

2009年に発売されたアンコール復刻版パッケージ。

同型のリワインドと記念撮影。
アンコール復刻では仲良く2体そろって復刻されました。

サウンドウェーブ「イジェーク」
イジェクト「呼んだ?」
サウンドウェーブ「・・・ヨンデナドナイ」

名前ネタです。
みんな思いつくよね!え?思いつかない?
・・・と、いう事でイジェクトの紹介でした。

カセットボット情報員リワインドはこちら→

同型ロザンナこちら→

同型フリップサイズはこちら→

通信員ブロードキャストはこちら→

トランスフォーマー2010へ戻る

リアルギアTOPへ戻る

2016/07/17