ブロードキャスト (G1)

38 サイバトロン/通信員 ブロードキャスト

イェーイ!のってるか〜い!
陽気のノリノリな通信員、ブロードキャストの紹介です。

「ごっ機嫌〜!イェ〜イ!」

サイバトロン/通信員 ブロードキャスト


地球の音楽全てに関心を抱いているが、特にロックを好んでいる。
ラジカセ時には全周波数の無線を傍受できるほか、100万分の1ワットの微弱な信号も探知でき、
約6400キロ先までの送信能力を持つ通信センターとして活躍する。


陽気でお調子者の性格のサイバトロン
ロックを愛しボリューム全開で楽しんでいるが、多くのサイバトロンには理解してもらえていない。
まあ、これはボリュームの上げすぎという面も強いのですが・・・

ドジで失敗する事も多いのですが、個人的には、第37話「パニック ザ クレムジーク!」において、
新幹線に飛び乗ったクレムジークを、何も考えず追ったコンボイに対し、
「という事は・・・何にも考えてないってことですか?」
という珍しくツッコミにまわった台詞が好きだったりします。

ザ・ムービーでは、デストロンの襲撃時にサイバトロンシティの砲手として戦っていたが、
ウルトラマグナスの要請により、ムーンベースに居るコンボイにS0Sを送信。
妨害に来たカセットロンに対しては、新たに加わった部下のカセットボットに迎撃させました。
2010ではスクランブルシティの警備や、アウトバックと共に探索等の活動をしていました。
第14話「音楽惑星への挑戦」では、ハーモニーパワーをめぐって、サウンドウェーブと対決しています。


海外名ブラスター「ボリュームをいっぱいに上げる」「声を張り上げる」といった意味。

ラジオカセットデッキに変形。

アニメでは人間の使用するサイズまで小型化可能で、
他のサイバトロンに乗って移動する事が多かったです。

「ああ、音楽こそ宇宙の共通言語さ!」

玩具は、ミクロマン ミクロチェンジシリーズMC-21サウンド戦士ラジカセロボの金型流量。
ミクロマン時代には、AM放送が聴けるマイクロカセット型ラジオが付属しましたが、TF版では削除されています。

ブロードキャスト「イエーイ!みんなのってるか〜い!」
サイバトロン一同「「「うるさ〜い!!」」」


第49話「ブロードキャストブルース」では、好意で行ったコンサートの中継により、
天文台からのSOSを妨害してしまうという失態をしてしまう。
マイスターを除く、他のサイバトロンには騒音としか聞こえなかったようだ。

カセットデッキ部分には、別売のカセットボットカセットロンを収納可能。

ブロードキャスト、トランスフォーム!

ブロードキャスト、ロボットモード。

アニメとは異なり、目元にバイザーのような物がある頭部。

電子機器を混乱させる能力の持つエレクトロスクラングラーガン
中央に見える大きな穴は、ミクロマン時代に付属したイヤホンを装着するための物。

「ふん、この時が来るのをどんなに待ちかねたか!このサウンドシステムの面汚しめが!」
サウンドウェーブ『口ダケノ、イカレサウンドガ!』

ライバルであるサウンドウェーブと並べてみました。
第51話「ブロードキャストVSサウンドウェーブ」では、
トラックスと組んで、ディスコダンシトロンの捜査を開始。
見事、デストロンの作戦を突き止め、ブロードキャストサウンドウェーブと直接対決!
同話では、スピーカーを両腕に突っ込んで反撃するシーンもあります。

電磁波で敵を電気衝撃だ!!

当時版のパッケージ。

最後はカセットボットと一緒に記念撮影。
やはりブロードキャストカセットボットは一緒に揃えて遊びたいところ。
ブロードキャストはTFコレクション21で復刻。
カセットボットアンコール復刻「カセット大作戦」で復刻され、比較的、揃えやすい方だと思います。

玩具はかなりの巨体で、小柄なカセットボットと比べると、さらに大きく感じますね。
手頃な大きさのデヴァイスレーベル版も発売されましたので、そちら方が遊びやすいかもしれません。
という事でブロードキャストの紹介でした。

どんな臭いも嗅ぎ分けるスチールジョーはこちら→

突進力が強力なアムホーンはこちら→

物知り情報員リワインドはこちら→

スポーツ大好き監視員イジェクトはこちら→

数少ない理解者、トラックスはこちら→

サウンドシステムの面汚しはこちら→

アクションマスター版はこちら→

バイナルテック アスタリスク版ブロードブラストはこちら→

デヴァイスレーベル版ブロードブラストはこちら→

パワーアップ!ツインキャストはこちら→

トランスフォーマーTOPへ戻る

リアルギアTOPへ戻る

10/08/14