チャー (2010)

トランスフォーマーコレクション 20 フューチャーサイバトロン

以前に1回レビュー(※1)していますが、この機会に全部やりなおし!
歴戦の老戦士チャーの紹介です。

「とろこがドッコイだで、まるでゴキブリみたいに次々にでてきおったぞ!」

サイバトロン/戦士 チャー


千の体験と一万の冒険談を持つ、知識と経験豊かな老戦士である。
豊富な経験から多くのアドバイスや冒険談を語るが、
真面目に聞いてくれるのはダイノボットぐらいであるらしい。
勇敢な戦士であるが、そのチャーでもホットロディマスの無鉄砲ぶりには愚痴をこぼしてしまう。

ザ・ムービーで初登場、ブリッツウィングの砲撃をそらしたり、
素手でシャークトロンの群と戦ったりと、老兵ながら大活躍。

「もういいアーシー」と、逃げるデストロンを撃つアーシーを止めるシーンがあるのですが、
その後、止めておきながら自分が撃つのは・・・お爺ちゃん、ボケた?


2010第11話「デスクリスタル」では、デストロンの使う武器の正体がデスクリスタルであると説明。
デスクリスタルが惑星ドレッドに住んでいる化け物ケイオスの体に生えている物質であり、
かつて、他の奴隷達を見捨ててケイオスから逃げた過去が語られ、
再び惑星ドレッド訪れた彼は仲間達の説得もあり、ケイオスと戦う覚悟を決める。
ザ☆ヘッドマスターズのLDBOXに付属したザ・リバースの吹き替え版では、海外名のカップ(KUP)と呼ばれていました。
ザ・リバースのDVD版は2010のDVDBOXに収録。)
ザ・リバースではネビュロン人リコイルをパートナーとして、ターゲットマスターとなる。

千の体験と一万の冒険談ってことは・・・彼の言うことはどこまで本当やら・・・

ピックアップトラック型のフューチャーカーに変形!
海外名の由来はピックアップ(Pickup)から来ている。

「ワシもやったるでえ!」

最高時速160kmで走行可能。
水中でも走行可能で、ザ・ムービーではシャークトロンを跳ね飛ばしていました。

欧米の初期販売分は、車輪に金属とラバー素材、
日本販売、中期販売分、ターゲットマスター版はプラスチック製に変更。
TFコレクション版では、車輪に金属とラバー素材となっています。

ターゲットマスター リコイル

2連装の旧式マスケットレーザーガンに変形。腐食性の塩酸も発射可能。
名前は「銃の発射時の反動」の意。
ネビュロン星で最も人気あるスポーツ、国際プリズマボールの元選手である。

リコイルを車体後部に接続可能。

チャー、トランスフォーム

「それにこりゃワシの戦いなんじゃ、若い頃の借りを今こそ返してやるのだ!」

チャー
、ロボットモード。
劇中ではツギハギだらけの老戦士でしたが、玩具ではピカピカ。
腕の可動は手首まで動きますが、下半身は棒立ち。
台詞は2010第11話より

「よ〜しケイオス、お前の運命もこれまでじゃ!自分のデスクリスタルで死ぬがいい!」

老人風の顔。

TFコレクション版では、初の新旧の銃が付属。
腐食性の塩酸を射出する旧式のレーザー銃(左)
リコイルが変形したレーザー銃(右

TFコレクション20、フューチャーサイバトロン集合!
サバイバリスト ウィーリーとセット!!

ブック型のTFコレクション版のパッケージ。
キャラクターの詳細データが記載されたシークレットファイルカード3枚付属。
スカイワープチャーウィーリー

コレクション版に付属のコレクションカード。

オライオンパックスローラーと記念撮影。
オライオンパックスは第1作55話「ひきおこされた戦争」に登場したキャラクターで、後のコンボイ司令官。
玩具発売のないゲストキャラでしたが、チャーの色変えとなり、
ターゲットマスターとなったローラー、友人のダイオンとセットでe−hobby限定で販売されました。

チャー「しばらく見ないうちに、見違えるようになったのうロディマス。」
ホットロッド「おい?誰だあんたは?オレはホットロッドだ!」
チャー「なんだと、ワシを覚えてないというのか、このイカレ暴走族が!」
ウィーリー「じいさん、この人は別人!名前似てるけど別人だから!」

ロディマスの襲名キャラとか、リメイクって多いけど、チャーってリメイク少ないよね。
ちなみにホットロディマスの海外名はホットロッド、マイ伝ホットロッドホットショット
変形!ヘンケイ!トランスフォーマーでは、ホットロディマスに、ホットロッドがいる事になるのだけど・・・ややこしい。

コレクションではセットになったウィーリーはこちら→

ホットロディマスはこちら→

リカラーのオライオンパックスはこちら→

トランスフォーマー2010へ戻る

09/02/17
16/02/04 追記