スラッグ (ロストエイジ)

AD07 スラッグ (タカラトミー)

実写映画にダイノボット参戦!
ロストエイジ版スラッグの紹介です!

ダイノボット スラッグ

何かを破壊する事を意味しない限り、この気の荒い戦士は命令される事を嫌う。
彼の恐竜の怒りにまかせた白熱は、いかなる標的でも平らにしてしまうだろう。

翻訳はかなり適当。
でも、G1スラッグを知っているなら、だいたい理解できる気がします。
やっぱりケンカ好き!

ダイナボット(ダイノボット)ロックダウンによって監獄船に幽閉されていた伝説の騎士達であり、
オプティマスとの一騎打ちで力をみとめたグリムロックと共にオートボットに協力。
スラッグドリフトを乗せて香港へ急行、ディセプティコンを蹴散らす。
戦闘機を飛びついて武器をぶんどりながら撃破するなど、見た目に反して身軽。
磁力ビームで宙に浮いた際には、必死に足をジタバタして抵抗する姿が、可愛かったです。
(本人は必死なシーンなのですが。)

全身トゲトゲ?ホネホネ?のトリケラトプスに変形!

トリケラトプスは白亜紀後期に生息していた草食恐竜。
3本の角と大きなフリルが特徴です。

角や尻尾は安全対策の為、軟質素材になっていますが、
みての通り、トゲトゲ感が出ております。

背中のトゲが根元から徐々に生えてきていたり、連続している外装がすべて違う形になっています。
これらは「動物の角ががだんだん生えてきて、成長しているような造形」を再現したとのこと。
細かい部分にまで、開発者のこだわりがうかがえます。

背中にはオートボットマーク。

凶悪な顔は、フリルはもちろん、3本の角も再現されています。
さらに、口部開閉可能!
肉食獣かよ!ってぐらいの歯になっています。

2本のソードは両脇にセット可能。
安全対策の為、軟質素材になっています。

レッツ、ライドオン!!
サイバーバース版バンブルビーを乗せてみました。
乗せるなら、サイバーバースサイズのトイが良いと思われます。

スラッグ、トランスフォーム!

頭部をガバッと割る独特の変形!

両脇にある2本の武器は、外す事なく変形が可能。
公式レビューみてなければ気が付かないところでした。
開発者のこだわりがわかりますね。
ロボットモードでは、クナイ持ちになります。

・・・あ、こら、外した方が変形しやすいとか言わない!

スラッグ、ロボットモード。

西洋甲冑ようなデザインのロボットモード。

映画版ダイノボットに共通する事ですが、
凶悪そうな恐竜の顔に対して、無機質な甲冑のようなロボットの頭部になっています。

 

アクション!

メタリック塗装が甲冑のようなデザインにマッチしていると思います。
右の写真はナイトっぽく剣を構えてみました。
動も静も様になります。

ロストエイジシリーズの玩具の多くは、腰部等に六角形の謎の穴が存在。
おそらくディスプレイ用の穴と思われます。
店頭のディスプレイスタンドを使った展示や、写真撮影等を行う際にはとても便利!

クナイ持ちにして、アクション!

背中のガワに、figmaのスタンドを接続して撮影。
変形の祭にクナイ持ちになる事から、忍者っぽいアクションをさせてみました。
紫色のボディが、「忍者」にも見えてくるから不思議。

ロストエイジダイノボット集結!

構造の関係もあって、スラッグが一番小さいですね。
ダイノボットはTFでも好きなチームの一つ。
最初はグリムロックしか登場しないかも・・・とかヒヤヒヤしていたのですが、
どうやら、たくさんの仲間達も登場するみたいで一安心。
特にスラッグは好きなキャラなので、映画でどのような活躍をしてくれるのか、今から楽しみです。

ダイノライド ストレイフはこちら→

こっちも凶暴!G1スラッグはこちら→

ロストエイジTOPへ戻る

14/06/26
17/04/09 追記