ランボル (シャッタード・グラス/BOTCON2008)

TRANSFORMERS TIMELINES SHATTERED GLASS DECEPTICON/WARRIOR SIDESWIPE

正義のデストロン悪のサイバトロン
善悪が入れ替わった、もう一つの世界を描くBOTCON2008
そう、この世界のランボルは、正義のデストロン戦士・・・あれ?

(商品名はサイドスワイプですが、このサイトでは国内名称であるランボルで統一します。
でもコイツの場合、サイドスワイプのが合っている気がする。)

「今あるルールは一つだけ!それは復讐だ!」

デストロン/戦士 ランボル


かつてランボルは、コンボイの精鋭シーカーユニットのトリオの中でも最も冷酷な兵士として恐れられていた。
チームリーダーのドレンチは、厳しさと情けを持ち合わせなければならないと考えていた。
2人の間には哲学の違いがあったが、お互いを尊敬していた。
しかし、コンボイにとって、ドレンチの考え方は、彼の副指揮官としては望む物ではなかった。
そして、機会を見て、コンボイドレンチを殺したのだ。
ランボルは、冷酷でコンボイに忠実であったが、倒れたリーダーの運命には納得いかなかった。
ランボルの忠誠心が揺らいでいる事を感じたコンボイは、
ランボルとその仲間のサイバトロンを殺すために待ち伏せする。
しかし、誤ってランボルの仲間は死に、彼は生き残り、デストロンのメンバーとして受け入れられた。
新しい僚友とは戦う理由が異なるが、それでもランボルは戦い続ける。
殺されたドレンチに対する敬意として、そして、コンボイに対する復讐の警告として、
ランボルは自分のボディを、かつての友人のカラーに変更したのだ!

翻訳サイト頼みの翻訳にちょっとアレンジ。
死んだ仲間のカラーに変更して戦うって、メチャクチャカッコイイんですけど!
そして、この世界のコンボイは恐ろしい・・・
ドレンチというのはG2カラーチェンジャーです。
マイナーなキャラでも、再登場するのがTFの面白いところ。

ビークルモードは、のストライプが入ったスポーツカー。

 

アイテムは、マイクロン伝説ランページG2ドレンチのカラーリングを施した物。

横から、かなり車高は低いです。

車体上部にウィスパーを合体させることで、ガルウィング展開、アタックモードへ変形!
ちなみに、一度、このモードにしないと変形できません。
ガルウィング内にミサイルを格納、スプリング式で発射可能です。

ランボル、ロボットモード
しかし・・・すごい色だね。

 

安全基準から長いミサイルとなっています。
そのミサイルを収納する関係で、ウィングは巨大。

元々ランボル似だった頭部。
ランページが出た時は、赤いリカラーがでるんじゃないかと予想したのですが、
まさか、こんな緑のランボルに会う日が来るとは予想しませんでした。

2本のミサイルは手に持って武器(名称不明)として使用可能。

 

ボディのサイバトロンマークには深いキズが付けられ、
その下に小さくデストロンマークが有ります。

右腕には新たなる仲間、デストロンのエンブレムが!
右腕のみ手首が回転します。

 

ミニコン、ウィスパー
こちらはマイクロンホークのリカラー
キャラクターバイオにはなーんにも書いてありません。

ビークルモードはステルス機

元になったランページと記念撮影。
復讐の為に戦い続けるランボルと、
命を助けられた恩人に忠誠を誓うランページ

同じサイバトロンからデストロンへと転向した戦士であるが、
その戦う理由は大きく異なるのが面白い。

正義のデストロン悪のサイバトロン
善悪逆転の世界というのは面白い発想。
中でもランボルは、元のランページのデザインを巧みにつかった設定が面白いです。
とうことでボットコン2008限定ランボル(サイドスワイプ)の紹介でした。

G1ランボルはこちら→

ユニバース版(OTFCC03限定)はこちら→

ユニバース/クラシック版はこちら→

リペイント元のランページはこちら→

G2ドレンチはこちら→

ボットコン他限定アイテムへ戻る

08/10/15