ランページ (マイクロン伝説)

超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説
MD-07 戦闘員 ランページ (発売元:タカラ)

TF伝統の変形パターンのランページの紹介です。
なお、ランページは海外版と一部カラーが違います。
(今回紹介するのは国内版、海外版は持ってないので比較写真はないです)

「俺とお前は親友だった・・いや今も親友だ」

デストロン/戦闘員 ランページ


かつてはサイバトロン戦士で、ホットロッドの部下であり、彼を応援する親友でもあった。
しかし、炎の中、身動きが取れなくなり、絶対絶命のところをメガトロンに救われる。
地球で再びホットロッドの前に姿を現す・・・デストロンとして!
そう、メガトロンへの恩を返すためにデストロンに参加したのだ!
口数が少ない事もあり、登場直後以降、いるかいないかわからないような状態だったが、
終盤ではホットロッドと共闘、見事なコンビを見せてくれた。


一部の雑誌等では復讐の戦士と紹介された事がありますが、
アニメでは初登場から、最後まで、「復讐」のために戦っていません。

デストロンへ転向した戦士は多いですが、そのほとんどが洗脳等で、
恩を返すためという理由でデストロンに転向というのは珍しいです。
もっとも、彼の忠義はメガトロン個人に対する物ですが。

なお、海外名はホイルジャック・・・・ランボル(サイドスワイプ)じゃないのか!
そして、彼にホイルジャックの名前を使ってしまった為にスーパーリンク(エネルゴン)の
ホイルジャックダウンシフトになったという・・・
マイ伝、スパリンは名前で迷走してる印象がありますが、海外でも迷走してるねえ。

黒いスポーツカーに変形。

 

「ふふふ、久しぶりだな、ホットロッド!」

短距離ながら、瞬間移動能力をもち、
第31話「過去(いんねん)」では、ステッパーを翻弄しました。

金色のホイールに青いストライプ。
青いストライプがいいアクセントになっていますが、
アニメでは青いストライプが無くなっていました。
ロボット形態でも、あったり無かったりしてます。

 

ルーフ後部にマイクロンジョイントがあり、ここにホークエヴォリーションすることで、
ガルウィングが展開、ガルウィング下部のスイッチにより、ミサイル発射可能

アタックモード。
ランページはこの形態にならないと変形できません。
つまり、ホークがいないと変形できない!

「もはや敵同士、お互い過去は忘れ、心置きなく戦おうじゃないか!」

ランページ、ロボットモード。
セイバートロン星では白いボディでした。

BOTCON2008では緑色にリペイントされて、ランボルとして登場。

 

開発担当者は脚部の後ろ側に不満があるそうです。
誤飲防止のために長くなったミサイルを車体側面に収納する関係で大きいようです。

「さあ、ホットロッド!お互い手加減は無しだ!」

ミサイルはスティック状の武器になり、両手に持たせる事ができます。
さらに先端からはビームも発射可能。
ちなみに説明書では武器の向きが逆で、モールドが無い方が前。
パッケージアートでは、写真のように肉抜き(?)モールドが前。

大きくキズつけられたサイバトロンマーク、その下にデストロンマークがあります。
胸にキズをつけるのはアニメスタッフの要求で、
それをサイバトロンマークに絡めたのは、タカラ側のアイディアだそうです。

 

パートナーマイクロホーク
アニメには未登場。
海外名はウィンドシアー(Wind Sheer )

F−117Aっぽいステルス機に変形!

付属のコレクションカード。

ホットロッド「なんだ、お前、マイクロンがいなきゃ変形できないのか!」
ランページ「まってくれホットロッド、ホットロッドォォォー!」


先に述べたように、マイクロンがいなければ変形できません。
マイクロン伝説劇中では敵として、友として戦った2人、
マイクロン伝説終了後の戦いが終わったセイバートロン星では、
きっと、こんな事をやっているかもしれません。

ランページ「ホットロッド、返せ!ホットロッドォー」
ホットロッド「やーだよん!」

あー平和だ。

G1ランボルはこちら→

ボットコン2008ランボルはこちら→

ユニクロン3部作TOPへ

08/10/18