エアーライダー (G1)

C-54 エアーボット/戦士 エアーライダー (発売元:タカラ)

好戦的なエアーボット、エアーライダーの紹介です。
私の所持するエアーボットは、壊れていたりシールも色落ちが激しかったりします。
キャラクタ―紹介と割り切ってもらえるとありがたいです。

「僕の名はエアーライダー」

サイバトロン エアーボット/戦士 エアーライダー


F-15イーグルに変形、奇襲攻撃と無謀な戦法を好む。
駆け引きがうまく大胆不敵だが、実は楽しみを求めているだけである。
マッハ2.5で飛行し、航続距離は2414km。
ジェットモードでは対空熱追尾ミサイルを装備し、
ロボットモードではあらゆる物体に約36.3tの回転力を発生させて破壊するトルクライフルを使用する。
向こう見ずな性格のため、不利な状況に取り残されることがある。


以上、DVDBOX1のブックレットより。
エアーボットは第42話「ベクターシグマの鍵 Part2」で登場。
かつてセイバートロン星で使用されていた宇宙船を地球のジェット機に改造、
アルファートリンと一体化したベクターシグマにより、新たな命をえた新戦士。
第55話「引きおこされた戦争」では、デストロンの罠にはめられ、
過去のセイバートロン星へタイムスリップしてしまう。
そこでオライオンパックスという青年出会うが・・・

エアーボットの中でも好戦的な性格。
設定上では記載がありませんが、デッドエンドラムジェットサンダークラッカー
ジェット機モード体当たりし打ち勝っており、ボディも頑丈なようです。
また2010第20話「究極の武器」では、勇敢にもダイナザウラーに突撃し負傷するシーンもありました。
第45話「突撃エアーボット」での仲間の評価では、
高い所では自慢のスピードを活かせるが、超低空となるとからっきしダメとの事。

アニメではスぺリオンの左脚に合体していましたが、
玩具では両腕両脚のどこにでも合体可能。


アニメでは引き続き、2010ザ☆ヘッドマスターズにも登場。
リターン・オブ・コンボイ時期に通販限定で再販、パッケージ裏のアートにも登場しています。

「こっちこそ、頭の使い方を教えてやろうじゃなか!」

ビークルモードは、F-15イーグル。
第45話では、「プロの戦い方ってのを教えてやるぜ!」と襲い掛かるラムジェットに対して、
体当たりで反撃、頑丈さが売りのラムジェットを見事撃墜しています。
前述したようにデッドエンド(第42話)、サンダークラッカー(第55話)にも体当たりしており、
サンダークラッカー戦では、「ボディアタックだ!」と叫んでおり、体当たりが得意なのかもしれません。

玩具には無いものの、アニメでは機体下部からミサイルも発射可能。
第42話第45話で使用しており、第42話ではデッドエンドに命中させています。

横から、機首のランディングギアは格納、展開可能。

エアーライダー、トランスフォーム!

「いい加減にこいつらを黙らせようじゃないか!」

エアーライダー、ロボットモード。
台詞は第42話より、好戦的な性格がわかります。

 

「やれやれ、たまの任務なんではりきっていたんだけどな、思い切り暴れ回れるってね」

頭部。
G1玩具はゴーグルタイプのですが、アニメでは普通の顔でした。
台詞は2010第9話「時の罠」より、やはり好戦的な性格が現れています。

2015年に発売されたユナイトウォーリアーズ版エアーライダーと並べてみました。
頭部はアニメ版に近くなっています。

バイクに乗るエアーライダー
ライダーだけに・・・
え?海外名はエアレイドだって?え・・・えっと〜
という事で、エアーライダーの紹介でした。

エアーボット偵察員ファイアーボルトはこちら→

サイバトロン長老アルファートリンはこちら→

トランスフォーマーTOPへ戻る

スクランブルシティ計画へ戻る

2016/04/10
2016/04/12 追記