ルックライト (2010)

AUTOROBOT STROBOBOT (発売元:GiGi)

スロットルボットより、フロントグリルのライトが特徴的なルックライトの紹介です。
今回紹介するのは、パッケージはありませんが、GIGI版です。

「いったい何だってあんなに暴れまわるんだ、誰か教えてくれよ!」

サイバトロン/スロットルボット監視員 ルックライト


フォードRS2000に変形する。
夜行性で、猫のごとき好奇心をもって地球を走り回る。
どんなに些細な物も見つけだす事ができるが、時に無関係な事柄に注意がまぎれて、監視任務が疎かになる事もある。
静かで生真面目、そして孤独を好む。
フロントグリル上段にずらりと並んだヘッドライトには立体デジタルビデオカメラ、
赤外線探知機、分光化学分析器、放射能探知機、X線放射装置を装備し、
下部のライトからはストロボ効果と、1万ワットの輝きを発する、全波長域スペクトル光を照射する。


以上、2010DVD-BOXのブックレットより。
第29話「コンボイの復活 パート1」で、コンボイ司令の遺体を取り戻すアタックチームの一人として登場。
シリコンバレー研究所に乗り込むものの、宇宙ペストに感染してしまった。
ザ☆ヘッドマスターズにも登場。
第4話「カセット大作戦」では、セイバートロン星マッドマシンと戦闘するが、なすすべもなく、
ウィーアードウルフとの対決でも一方的に噛まれているだけでした。
第6話「悪魔の隕石接近」では、他のスロットルボットデストロンをやられたと思わせ、
宇宙船に乗り込みメタモルフォーゼ星に向かっています。


台詞はザ・リバースで、スカルクランチャーと対決した際の物(詳しくは後述)
他のスロットルボットにも言えますが、探査能力やヘッドライトのと特徴は描写されていません。

海外名サーチライト(SEARCHLIGHT)の意味は「探照灯(サーチライト)」で、
彼の能力を現しています。

「ああそうだ、そりゃでっかくてメタルでできたワルどもだよ」

ザ・リバースでは、ロールバーの疑問に対して、デストロンの特徴を説明。
もっとも、ロールバーは「何が目的なのか?」という意味で発言でした。

ビークルモードは、フォードRS2000ラリー仕様。

フォードRS200は、1984年から1986年に製作された車で、
2010放送当時(1987年)はまだ新しい車。
(にもかかわらず、既に生産停止されていたりします、詳しくは後述)

横から、プルバックエンジンにより走行可能。

フロントグリルに並ぶフォグランプが特徴。
いかにもラリー車という感じ。

地球中を走り回るのが好きという性格だけに、どこのぞデコボコ大好き兄貴と気が合いそう。

こちらは、1/64ミニカー FORD RS200 1986 Swedish (RALLYCAR COLLECTION シーエムズコーポレーション)

フォード社が世界ラリー選手権に参加する為に設計し、1984年から1986年まで製作したミッドシップ4輪駆動車。
しかし、1986年にレース中に死傷事故を起こしてしまい、フォードワークスはレースから撤退する事に・・・

ちなみにルックライトと同じように4つフォグランプを並べた仕様もあります。
なお、ルックライトの玩具設定ではRS2000と、丸の数が多く、恐らく誤記だと思われます。
(と言いつつ、紹介のところは私もRS2000と記載していたり・・・)

ルックライト、ロボットモード。

可動箇所はありません。

頭部アップ、ゴーグルタイプにマスク顔と、トランスフォーマーっぽくない顔になっています。

ロボットモードでも、プルバック走行可能!

ザ・リバースでは、ノーズコンと共にスカルクランチャーと対決!
冒頭の台詞を言うのですが、正直、ルックライトノーズコンのどちらの発言かわからないという・・
落ち着いたノーズコンの台詞らしくないので、ルックライトの台詞として扱っています。

割と台詞探しは楽しいのですが、本当にスロットルボットは台詞選びが大変だという・・・
という事でルックライトの紹介でした。

スロットルボット情報指揮官ゴールドバグ→

スロットルボット探査員チェイスはこちら→

スロットルボット追跡員ロールバーはこちら→

スロットルボット破壊員ランウェイはこちら→

トランスフォーマー2010へ戻る

ザ☆ヘッドマスターズへ戻る

17/02/18