ランウェイ (2010)

C-96 サイバトロン/スロットルボット破壊員 ランウェイ (発売元:タカラ)

破壊員?工作員?
スロットルボットのコメディアン、ランウェイの紹介です。

「まいったふりしてこの通りよ、隕石は俺達がかたずけちゃうもんね」

サイバトロン/スロットルボット破壊員 ランウェイ


自ら買って出たスロットルボットのコメディアンである。
相手を侮辱することは大得意だが、他人にからかわれるとすぐに怒る。
偽情報の伝播とトラップ設置の専門家で、
彼のAM・FMカーラジオに偽装された広帯域・超高感度無線周波受信機と送信機は
敵の無線通信を傍受、解読し、代わりに誤った情報を発信する。
自分のジョークに笑いすぎて、内部回路にダメージを受けて動けなくなる事もある。


以上、2010DVD-BOXのブックレットより。
第29話「コンボイの復活 パート1」で、コンボイ司令の遺体を取り戻すアタックチームの一人として登場。
シリコンバレー研究所に乗り込むものの、宇宙ペストに感染してしまった。
ザ☆ヘッドマスターズにも登場。
第4話「カセット大作戦」では、セイバートロン星マッドマシンと戦闘するが、なすすべもなく、
第6話「悪魔の隕石接近」では、デストロンをやられたと思わせ、宇宙船に乗り込みメタモルフォーゼ星に接近。
台詞はこの時の物、おちゃらけた彼の性格が見える数少ないシーンです。


海外名はフリーウェイ(Freeway)で、「無料の幹線道路」の意味。
海外役割はSABOTEUR(妨害工作)で、設定を見ても妨害工作員とした方がしっくりくるかも。

ビークルモードは、シボレー・コルベットC4に変形。

青色のコルベットというのは、トラックスと丸被りだったりします。

「デストロンめ、さっさと帰れ!」

ザ・リバースでは、ビークルモードでスナップドラゴンと対決!
ボンネットの銃で迎え撃つが・・・

横から、プルバックエンジンにより走行可能。

ランウェイ、ロボットモード。

ギミック全フリな玩具だけに、可動箇所はありません。

「なんてこったい、こっちが戻るハメになっちまったよ」

スナップドラゴンに対して、帰れと迎え撃った結果は、
逆に基地の壁に激突させられてしまう事に。
この台詞もコメディアンという事を考えると、笑いを取りにいった台詞なのかも。
実際にアニメを見て、「クスッ」となった人もいると思います。

頭部、ゴーグル+耳付のマイスター系。

ロボットモードでもプルバック走行が可能。

第4話「カセット大作戦」ではデストロンヘッドマスターと対決するも、一方的にやられるばかりでした。
このあたりはスロットルボット全体に言えることですが、活躍の機会が少ないのが残念なところ。

特に彼は、コメディアンという特殊な設定もあったので、上手くいかせれば印象に残るキャラになったのではないかと思います。
ランウェイ「噛むんじゃねえぞ、いいか、噛むなよ!」
スカル「(噛めって事か?)ガブッ!」
ランウェイ「うわー!」

・・・という事でランウェイの紹介でした。
体を張ったお笑い芸人の道は険しく遠い。

スロットルボット情報指揮官ゴールドバグ→

スロットルボット監視員ルックライトはこちら→

スロットルボット探査員チェイスはこちら→

スロットルボット追跡員ロールバーはこちら→

ジェッタ―の海外名がRunway、エアディフェンスマイクロンはこちら→

トランスフォーマー2010へ戻る

ザ☆ヘッドマスターズへ戻る

17/07/09