ロールバー (2010)

C-95 サイバトロン/スロットルボット追跡員 ロールバー (発売元:タカラ)

ロールバーだって?・・・・誰だっけ?
あんまり目立った活躍のないスロットルボットロールバーの紹介です。

「デストロンだって?」

サイバトロン/スロットルボット追跡員 ロールバー


感情的で、いちかばちかの賭けが好き。
陳腐なマッチョマッチョしたセリフを言うが、毎日、他のスロットルボット達の失笑を買っている。
ジープモードでは途方もない機敏性を備え、スピードを落とさずに飛んだり転がったりすることができ、どんな地形でも横断できる。
内蔵された化学センターと放射線探知器、音声及び映像記録装置が彼の追跡を助ける。

出番は以外と多かったが、ロクな役が無かったスロットルボットの一員。
スロットルボット2010終盤から登場しましたが、彼はザ・リバースザ☆ヘッドマスターズから登場。

第4話「カセット大作戦」では、ワイプの催眠術によって、一時はワイドロードと同士撃ちさせられてしまう。


マッチョマッチョしたセリフってどんなセリフだ!
ちなみに、今回のセリフはザ・リバース第1話より。

ジープに変形。

名前の由来は「乗員の安全を確保する目的で自動車に取り付ける棒状の保護材」
ああ、オフロード車によくあるアレね・・・
え?でも、彼の場合、ロールバーが無いような・・・

「それぐらい知ってるよ、でも一体何が狙いなんだ?」

窓はシールで再現。
下の方が茶色いのは荒野か何かの映りこみでしょうか?

スロットルボットは、ロボット、ビークル両状態で、
プルバックすると、スーパーダッシュすることが出来ます。

チョロQJEEP(左)ミニボットキーチェーンゴング(中央)と比較。
変形+プルバック走行のため、チョロQよりもかなり大きめ。

ロールバー、ロボットモード

可動なんて・・・ただの飾りですよ!
ゼンマイで走行可能!可動部が少ないから、壊れにくいぞ!

横から、脚部後部にあるのはプルバックゼンマイのエンジン。

GIG版とかも混ざってますが、我が家のスロットルボット達。
玩具でもアニメでもロボット形態だと、似たり寄ったりの体型で没個性な印象があります。
(元の車のデザインが散りばめられては居ますが。)
特にアニメでは一山いくらな出番だったしなあ。

付属のコレクションカード。
武器のレーザーガンは付属しません。

「デストロンを追跡して基地を発見しろ!!」

パッケージ、サック箱で販売。

「追跡ならオレにまかせろ!!」

と、言いましてもですね、デストロンは全員飛べるんですよね。
「空飛ぶなんてズルいぞ!」
まあ、彼の追跡はほとんど役に立たないという予想がつきます。
まさかと思うけど、追跡そのものが、いちかばちかのの賭けじゃないよね?
まさか・・・ねえ?

これからはゴールドバグと呼んでね→

スロットルボット監視員ルックライトはこちら→

スロットルボット探査員チェイスはこちら→

名前がマッチョ?なゴングはこちら→

海外名がロールバー、グリジバーはこちら→

トランスフォーマー2010へ戻る

ザ☆ヘッドマスターズへ戻る

09/06/19
09/06/20 写真1点追加