ゴールドバグ (2010)

C-97 サイバトロン スロットルボット/情報指揮官 ゴールドバック
AUTOBOT/Goldbug

クインテッサ星人の手で再生されたバンブルの新たなる姿。
ゴールドバグの紹介です。

「スロットルボット!総攻撃だ!」

サイバトロン スロットルボット/情報指揮官 ゴールドバグ


傷つき倒れたバンブルが、クインテッサ星人により新たに改良された姿。
以前よりも真面目で独断的であり、そしてより成熟した性格となった。
他人が自分をどう思うかは差たる問題ではなく、自分が我が身をどう考えるこそが重要だと悟っている。
前にも増して燃費効率に優れ、同じスロットルボットで彼に次ぐ者と比べても、2.5倍の燃費性能を誇る。
卓越した視力と聴力、水中や低温、高温への順応性も持ち、摂氏マイナス101度〜82度の気温変化にも耐えうる。


アニメでは2010第30話「コンボイの復活 パート2」より登場。
ザ☆ヘッドマスターズにも引き続き登場していますが、まるで別人のように性格が変わっており、
第6話「悪魔の隕石接近」では命令を無視してまで、自分達で手柄を立てようとしています。
「ウスノロデストロンヘッドマスターめ、俺たちが簡単にやられたとでも思っているのかな!」
まあ、簡単にやられる回の方が多いのですから、そう思われても・・
ただし、デストロンを欺いて隕石に向かうという作戦自体は成功しています。
(肝心の隕石破壊はできませんでしたが。)

最初の台詞はザ☆ヘッドマスターズ第4話「カセット大作戦」より。
第4話ではワイプの催眠術に操られたロールバーワイドロードを目をさましたり、
苦戦する仲間に反撃の号令をかけるなど、スロットルボットの指揮官として活躍していました。


名前の由来は、「黄金虫」(バグはフォルクスワーゲンビートルの愛称)。

パッケージ。ん? ゴールドバック
あれ?ゴールドバグの間違いじゃないの?と思うでしょ。
当時はゴールドバックの名前で売られていました。

コレクションカードが付属。
キャラクターカードも GOLDBACKになってます。

「潰される前にやってきたぜ!」

金色のフォルクスワーゲンビートルに変型。
多少ディフォルメされてますが、なかなかいいできですよ。

スロットルボットはプルバックゼンマイで走行可能な戦士達。
ゴールドバグはそのスロットルボットのリーダー。

タイヤはゴム製。

シャーシ後部の黒い部分がゼンマイボックス。

チョロQ用のコースに・・・・入らない。ちなみにバンブル(写真右)もコースには入りません。

ゴールドバグ、ロボットモード。

両足はくっついてるわ、手も付いてるだけで、ヒドイデザイン。
スペックカードには武器、レーザーガンとなってますが、
もちろん持てません&付いていません。

顔は初代バンブルと同じようなマスク型。
アニメでもこの顔で登場します。

この状態でもプルバックゼンマイによって走行可能です。

バンブル(左)と並べてみました。
パワーアップしたはずなのに、前より小さいです。

ゴールドバグとしてパワーアップした彼ですが、
リバース最終話では、バンブルが登場しています。
G1ではよくある作画ミスという説もありますが、
後にプリテンダー、アクションマスターではバンブルとして登場しているので、
元に戻ったのではないかという説もあります。

逆にビークルモードではゴールドバグのが大きいです。




さて、ゴールドバグと言えば、やっぱりコレ

トランスフォーマー2010 第30話「コンボイの復活 パート2」より

「これからはゴールドバグとよんでね。」

コンボイ「ああ、いいだろうバンブル」
「お前の希望通り、これからはゴールドバグと呼ぶことにしよう。」




最後の部分をカットしてネタにされる事が多いのですが、
ちゃんとゴールドバグって呼んでますよ!

G1バンブルはこちら→

スロットルボット監視員ルックライトはこちら→

スロットルボット探査員チェイスはこちら→

スロットルボット追跡員ロールバーはこちら→

トランスフォーマー2010へ戻る

ザ☆ヘッドマスターズへ戻る

07/08/08
08/05/31 ちょい修正
10/01/29 写真記事修正