ゴング (キーチェーン)

ミニボットキーチェーン (発売元:タカラ)
15 サイバトロン/攻撃員 ゴング(発売元:タカラ)

小型ながらにも、サイバトロンの重要メンバーが多いミニボットから、
おまちかね、怪力ゴング様の登場です!

「本物のサイバトロン戦士の力をみせてやる!」

サイバトロン/攻撃員 ゴング

自らを「怪力ゴング」と称し、小柄ながらにパワーあふれる格闘戦を得意とする。
彼にとっては地球は過酷な環境であるが、むしろそれを好んでいる。
屈強、粗野で、また身軽である。
挑戦を楽しみ、自分よりタフでない相手を馬鹿にしている。
砲火への高い耐性を誇るが、単純な回路のため電磁波などの攻撃に無防備である。
チャージャーの親友であり、共にデストロンに戦いに挑んだ事もある。

頑固者で、第24話「ミクロの決死隊」では、基地で無傷だったパーセプターと対立する事もあった。
しかし、メガトロンの体内に侵入し、ハートオブセーバートロンの奪取に共闘したことで和解している。
第62話「破滅の日 Part2」では、スパークプラグ救出のために、
スカイファイヤーホイルジャックトレイルブレイカーバンブルと共にセイバートロン星へ向かい、
レーザーウェーブ達と戦った事もあります。

英名ブラウンは、「筋力」という意味で、名が体を現すキャラクターである。

ムービーではスタースクリームによって発射された、メガトロンの凶弾を受け戦死したかにも見えるが・・・

ビークルモードはスペアタイヤを屋根にのせたジープに変形。

 

キーチェーン版にはフロントにキーチェーン接続用の穴が増設されています。

第14話「イモビライザー」第61話「破滅の日 Part1」では、バンパーからドリルを出して地中へ潜ったことも。
フロントはメッキだから、ドリルを両面テープで付けるとかすると、メッキ剥げるよ。

 

キーチェーン版のシークレットのブラックバージョン(左)
アニメ放送当時版(右)にはフロントのキーチェーン用の穴がなく、
左サイドにシークレットエンブレムがあります。

トランスフォーム!

ゴング、ロボットモード。
可動は両腕と肩、それと足が一応動きます。
頭部上のキーチェーン用の穴が目立つ・・・

頭部、アニメとは違い、ゴーグルみたいな目、口、鼻の無い顔。
初期ミニボットはみんなこんな感じです。

キーチェーンブラック版(左)放送当時版(右)
放送当時版はメッキがはがれております。
それ以外はなかなかいい状態で残ってたかな。

ゴング「さあ、自分の武器で撃たれる気分はどんなもんかなメガトロン!」
第58話「インカの秘宝」ではメガトロンの融合カノンを奪って発射したことも
もっとも、反動でひっくりかえっていましたが。

ゴング「で、でかすぎだって、こんな物もてるかー」
玩具ではちょっと持たせるのは難しいです。

では、融合カノン砲と比較。
身長の倍以上あるじゃないですか!これじゃ持てませんねえ。

バンブル「ところで、戦死したって聞いたんけどピンピンしてるね?」
ゴング「ちょっと寝てただけだ!このゴング様があれしきで死ぬかよ!」

ムービーで死んだかに思われたゴングですが、2010で一瞬だけ登場しています。
作画ミスの多い作品だけに、作画ミスである可能性は高いですが、
攻撃を受けた場所が肩であった事もあり、彼のファンの中には生存説を唱える者もいます。
私もそう思いたい!というか、生きていた事にしてしまえ!

「けれど、コイツが戦っているところを見た事あるかい」

「やれやれ、わからずやの変わりに今度は臆病者の相手かよ」

「オレ達、二人で十分だとも!」

リデコのアウトバック→

海外名の名前繋がり、ワイルドライド→

変形!ヘンケイ!でリメイク!ミニボットアタックチーム→

N.E.S.T.ブローンはこちら→

トランスフォーマーTOPへ戻る

08/06/10
09/05/19 少々追記
09/09/04 少々追記