サンストリーカー (G1)

VSZ サイバトロン/戦士 サンストリーカー
AUTOBOT/SUNSTREAKER
 
サイバトロンの貴重な空中戦力!サンストリーカーの紹介です。
経年劣化もありますが、お気に入りの一体だけに、
「遊び」によって各部ガタガタ、シールボロボロだったりします。

「いつかこうなる事は分かってたんだ!人間なんて信頼できん!
下等な生命体に過ぎないと私は言ってただろ!」


サイバトロン/戦士 サンストリーカー

サンストリーカーランボルの双子の兄弟と設定され、共に戦う事が多かった。
ポリマー製の頑丈な装甲を誇るが、ナルシストで自分の身体が傷つく事を嫌う。
目立ちたがり家で、スタントへの参加やホイストの映画出演時には押しかけていった事も。
サイバトロンには珍しく、人間に対して良い印象を持っていないようだ。
(上のセリフは第25話「メガトロン地球征服作戦 PART1」から)
しかし、第5話「メガトロンの帰還」では、
「おめでとうチップ。君のおかけで勝てた、君はヒーローだ」
活躍したチップをほめたたえるような面もある。

「トランスフォーマーアルティメットガイド」(発売元:ジャイブ)によれば、
セイバートロン星では絶賛を集める名高い画家で、
デストロンのマークが気に入らないという理由でサイバトロンに参加しているのだという。

初期パッケージには堂々と登場し、アニメでも活躍しながらも、
日本展開時には発売されなかったのである。(後にVSZセットで販売)
この玩具展開の都合から、日本初期設定ではランボルの兄弟はアラートとなっている。
なお、ランボルアラートは同金型の流用である為、
サンストリーカーと双子と言われるより説得力があったりしますね。

なお、彼はヘッドマスターズ第1話でも、セイバートロン星の戦闘で登場しています。
名前は「太陽の光条のような」という意味。

車体後部に電子推進ブースターを備えたスーパーカウンタックトランスフォーム
このモデルのカウンタックは実在しません。
サンストリーカーのセンスに合わないから改造した・・・のかもしれない。

 

「くそう!よくも塗装をはがしてくれたな!」

玩具では再現できないが、後部からレーザーガンを展開、レーザーを発射させることが可能。

サンストリーカー自身はこの姿を気に入ってはおらず、
「冗談じゃないぜ、ハンサムな姿に戻りたいのに」
などと言っている。
同じくナルシストで有名なトラックスは車形態を気に入っている、
人間に対して極めて友好的と、ナルシストでもかなり違う表現がされている。
こういう差別化がトランスフォーマーの面白いところ。

コクピットは上方向に開く。
ダイアクロン隊員があれば乗せる事ができます。
残念ながら、ダイアクロン隊員を持ってないので、ゾイド兵士を!

トランスフォーム!

 

 

コクピットにダイアクロン隊員を乗せたまま変型ができます。

「お前はいいかもしれないが、こっちはたまらないぜ」

サンストリーカー
、ロボットモード。
第7話「ダイノボット誕生!」では、トレイルブレイカーが弾いたダイノボットの火炎を、もろに浴びてしまう。
たまらないとか言ってますが、結構、余裕ありそうでした。
普段はキズ付く事にうるさいですが、ポリマー製の装甲はダテじゃないようです。

 

ダイアクロン カーロボット初期の製品の流用だけに、ほとんど可動しません。
というより、ヒジが曲がるだけマシと言う世界。

「どうもおまたせ、輝くスター登場!」

イケメン?頭部アップ。

「ようし兄弟、ひと暴れしようぜ」

双子の兄弟であるランボルと共に空中戦をおこなう事もあった。
空を飛べない初期サイバトロンにとって貴重な空中戦力。

手はロケットパンチ

 

拳の代わりに専用対空誘導ミサイルを装備することも可能。
肩に装備されているパーツもミサイルとして装着可能!
変型時には全部余剰パーツです。パーツ余りまくり!

サンストリーカーはアニメオリジナルのレーザーガンを使用する事が多いが、
第61話「破滅の日 Part1」では手首を収納してミサイルを発射している。

双子の兄弟ランボル(赤)と記念撮影。
サンストリーカーの元となったカウンタックロボは、
ダイアクロンカーロボットの第1号。
ランボルの元となったのはニューカウンタックロボと呼ばれ、
カウンタックロボのリニューアルです。

海外玩具設定によるとサンストリーカーは他のレースカーのオートボット、
特に彼の双子の兄弟であるランボルを軽蔑しているらしい。
でもアニメでは2人一緒の事が多かったです。

パッケージ。スキッズパズソーとセットで売られていました。
アニメでは活躍していたわけですし、
是非とも単品で再販をしてもらいたいです。

第44話「ホイスト ハリウッドへ行く」では、目立ちたがり家な彼は、
ホイストが映画に出る事になった事知り、強引に押しかけてくるのでしたが。
壁に激突するスタントやら、宇宙人のお面を被らされたりと、色々やらされていました。
サンストリーカー「ああ、またオレのボティが!」
パワーグライド「いやあ、大変だねえ」
ホイスト「次、キミの番らしいよ」
パワーグライド「ええ!!うそ!」
まあ、なんとも色々面白いので未見の方は見てください。

ランボルはこちら→

パワーグライドはこちら→

廉価版セブントランスフォームブロック版はこちら→

OTFCC03限定サンストリーカーはこちら→

バイナルテックアスタリスク版はこちら→

サンストリーカー(ユニバース/クラシック)はこちら→

変形!ヘンケイ!版の紹介はこちら→

今度はロータリー車!キュートランスフォーマー版はこちら→

トランスフォーマーTOPへ戻る

07/06/18
08/04/20 写真&記事総入替
08/05/04 ちょい修正
09/05/08 ちょい修正
09/09/27 ちょい修正